格安航空券は何が違う?

より良い空の旅を楽しむ為に、格安航空券と普通航空券の違いを知る事は、とても役立ちます。
まず、格安航空券とはどのようなものかと申しますと、旅行会社がパッケージツアー向けにまとめて安く航空会社から席を購入し、その航空券を個人に向けてバラで売っているものです。ですから、基本的に旅行会社からの購入となります。金額的には、普通航空券の半額に近い場合もあります。また、パッケージツアーの閑散期やキャンペーン期間中には更に割安になるので、こまめにチェックすると良いでしょう。片道での運賃も格安で購入できるので、ご自身のルートに合わせて格安で移動が可能なのはメリットです。他にも旅行会社が用意するホテルパックなどもあるのでとても便利です。
一方、普通航空券は航空会社が発売している航空券で、航空会社からも、旅行会社からも購入が可能です。格安航空券には子ども料金の設定がないのに対し、普通航空券には子ども料金の設定もあります。また、マイルもたまりやすいですし、経路の変更やキャンセルの際も比較的スムーズに手続きが済みます。機内でのサービスはもちろん充実しています。値段は少々高く感じるかもしれませんが、万が一のプラン変更やトラブルの際には、普通航空券の方が安心感はありますね。旅の目的に合わせて上手に航空券を選択する事が大切です。