格安航空券ならではの注意点とは?

かつて日本の飛行機は搭乗すると様々なサービスがありました。
空港を離陸して上空で水平飛行に入るとスチュアデスがおしぼりを持って一人ひとりに手渡し、キャンデーなどを配ってくれました。また、国内の航空便であっても、国際便のようにお昼にさしかかると軽食ではありますが食事がでるものもありました。飛行中にコーヒーやお茶などの飲み物は無料でいくらでも飲むことができたのです。更に、サービスとして座席にはイヤホンがついており、音楽や落語などを自由に楽しめることができました。ところが、最近の飛行機ではこれらのサービスの多くがなくなってきております。
更に、格安航空券の飛行機に搭乗すると、料金がサービスになるので当然これらのサービスは全く期待できませんが、搭乗前に注意しておかなければならない点があります。
一つは、手荷物になります。飛行機に乗るには大きな荷物は一度預けるものですが、この預ける手荷物に料金がかかる格安航空券もあるので確認が必要となります。二つ目は、飲み物はすべて有料になっていますので、上空でのどが渇く人は飲み物を持参して乗らなければなりません。そうして、座席の前が通常の座席よりも狭くなっていますので、小さな荷物でも座席の下に置くことができません。